ゼミナール21ソクラ大橋校

お知らせ・最新情報

【小学生対象】「右脳」を鍛えて算数の「図形」に強くなるコース 新年度開講!

投稿日:2019年2月14日/ カテゴリ:教室からのお知らせ

いきなりですが…

上記は先日実施された「平成31年度宮崎西高附属中学校入試」適性問題の一部です。

このように、算数の「図形」問題は『イメージ力』を問う問題が多くなっています。

また、高校入試では…

上記は「平成29年度宮崎県立高校一般入試」数学の問題です。

こちらも立体図形の断面を「イメージする力」が求められます。

入試問題というのは、単に難しかったり、合否を判断するものではなく、算数・数学の考え方が身についているか、応用力が備わっているかも試されるものなのです。

そのためには『イメージ力』がキーワードになります。

その『イメージ力』はどのように鍛えることができるのか?

それは私たちの頭脳の役割を知っておかなければなりません。

計算問題や暗記などは左脳を使うと言われていますが

図形などを認識する『イメージ力』は右脳を使うと言われています。

だから、算数・数学の得点力を上げるために、どのようなトレーニングをするのかが重要です。

 

そこでゼミナール21ソクラでは、算数・数学の図形問題に強くするために、

『イメージ力』を鍛える(=「右脳」を鍛える)コースを新設しました。

それが…

『図形の極(きわみ)』です!

この『図形の極(きわみ)』は7つの図形分野に分けられています。

これらを無学年進級式で学習します。

★年長のお子さま~小学生のお子さまが対象となります。

★10級から始まり、お子さまのペースで進めることができます。

★「確認テスト」や「進級テスト」に合格して、次の級に進むことができます。

【テキスト内容の例】

 

このようなテキストを使いながら、タブレットやPC、スマホを使って『イメージ力』のサポートをします。

【映像授業の例】

★実際の授業(動画)では次のようになります。

どうですか?『イメージ力』のトレーニングとしては最適なのではないでしょうか。

これらを教師や親が教えようと思っても、模型図などを用意しないとお子さまに理解させるのは難しいです。

この『イメージ力』を司る右脳のはたらきは年を重ねるほど減少すると言われていますので、

早めの取り組みがとても有効なのです。

 

★『図形の極(きわみ)』の特徴をまとめてみました!

 

WEBサイトからのお問い合わせや無料体験授業のお申込み
お問い合わせフォーム
受付時間:月~土曜(15:00~21:00)電話でのお問い合わせ
0985-22-6705
宮崎市×学習塾・塾 ランキング第1位
《Line@友達追加ボタン》
友だち追加
《LINE@ QRコード》
ジュクサガス