ゼミナール21ソクラ大橋校

お知らせ・最新情報

2020年、大学入試が大きく変わる!

投稿日:2015年6月12日/ カテゴリ:塾長日記

2020年と言えば、やはり『東京オリンピック』です。屋根をつけるかどうかという報道もありますが、オリンピック選手世代となり得る、現中・高生の競技力向上は目を見張るものがあります。(ただし、ちょっと行き過ぎを感じる部活動もありますが…。)

さて、あまり世間的に騒がれないニュースがあります。東京オリンピックと同年に、「大学入試制度が変わる」というものです。どのような大学入試に生まれ変わろうとしているのでしょうか。今回は、現時点で知り得る情報をもとにお伝えしたいと思います。

【主なポイント】

  •  現中学1年生から新制度で大学入試を受験する。
  •  高2時より『(仮)高等学校基礎学力テスト』を導入し、進学・就職時の資料となる。
  •  高3時に大学進学希望者には『(仮)大学入学希望者学力評価テスト』を導入し、知識型テストから「思考・判断・表現」重視のテストに変わる。また、年に数回実施する。
  •  CBT(コンピュータを利用した試験方式)を導入予定。ブラインドタッチも含めたPCスキルが求められる。
  •  特に、英語が変わる。民間テスト(TOEIC・英検など)を利用し、「話す・書く・読む・聞く」の4技能能力をみるテストとなる。

まだ本決まりした訳ではありませんが、例えばPCスキルや英語4技能を身につけるために、子供に「苦手意識」を持たせないことが重要です。昔の入試で育っている親世代からすれば、異次元の話です。でもこれが事実であり、現中学1年生からはこれらのスキルが必要なのです。(平成27年『新風』6月号より抜粋)

※ 上記の参照記事URLはこちら↓(ぜひご覧ください!)

http://donguriclub.jp/news_papa_mama/news_20141025/

 

WEBサイトからのお問い合わせや無料体験授業のお申込み
お問い合わせフォーム
受付時間:月~土曜(15:00~21:00)電話でのお問い合わせ
0985-22-6705
《Line@友達追加ボタン》
友だち追加
《LINE@ QRコード》