ゼミナール21ソクラ大橋校

お知らせ・最新情報

入試直前のメンタル面強化

投稿日:2015年2月7日/ カテゴリ:塾長日記

2月に突入しました。

先週から今週にかけて、
私立高校入試と県立高校推薦入試が
行われ、
現時点では、
私立高校入試の合格発表がありました。

無事に、全員合格!
(学科変更もありませんでした!)

これから、いよいよ
「本命」の試験に向けて、
高3生や中3生は最後の数週間を過ごします。

今日は、
受験生のメンタル面に関した
アドバイスをしてきたいと思います。
*・。 ・*。 *・。・*。 *・。・*。 *・。・*。 
この時期になると、
正式な「模試」が行われませんね。

よって、自分が本当に合格できる
「得点力」を持っているのか、
いまやっている勉強が
本当に効果的なのか、身についているのか、
すごく心配だと思います。

昨日も
中3の女子生徒と二者面談をしました。

まさに、
「今の勉強で高校に合格できるか
どうかが心配・・・」

社会を例に出して説明すると、
社会は
「地理」「歴史」「公民」の3分野あります。
その中でも
「歴史」は縄文・弥生時代から現代まで
勉強しなければなりません。

残された数週間で、
全部の範囲を復習することは不可能です。

だから、次のように考えて欲しいのです。

「今日やった問題だけは完璧だ」と
言えるようになろう。

この時期は、焦りもあり、
どうしても問題演習が中心になります。
ところが、
問題を解くことに力を入れ過ぎ、
肝心の「見直し」が曖昧になっています。

今日やったことが身についていなくて、
それが入試に出たら、
それこそ「ショック」です。

あと、学習勉でのアドバイスを1つ。
例えば社会の歴史が苦手だとしましょう。

「私は江戸時代が苦手なので、
江戸時代のプリントをやりたいです。」
と言う生徒もいます。

完全に否定はしませんが、
これだと、ある「1点」を勉強しただけで、
全体的な勉強をしたわけではありません。

やはり、難しいかもしれないが、
「総合問題」形式の問題を解いてください。
社会ならば、統計表や年表の読み取り、
記述問題もあります。
そして、塾や学校の先生にしっかり習ってください。

絶対に曖昧な勉強、
(「おそらく○○○だろう」と
自己判断をしないように。)

最後に、もう一度メンタル面の話。

受験する大学や高校に
入学できたら、
あなたは何をしたいのかを
明確にイメージしてください。
意外とこれが出来ていないのです。

イメージできていないから、
テストの点数がやたらに
クローズアップされるのです。

入学後のイメージを描くことが出来れば、
志望校に対する「想い」が強くなるはずです。

さあ、本番までもう少し、
頑張ろう!

WEBサイトからのお問い合わせや無料体験授業のお申込み
お問い合わせフォーム
受付時間:月~土曜(15:00~21:00)電話でのお問い合わせ
0985-22-6705
《Line@友達追加ボタン》
友だち追加
《LINE@ QRコード》